5つのコツ

メニューを表示する
Makeup brush banner



ベースメイク

ファンデーションは指でつけるとお肌を均等にカバーできません。ブラシを使えば適量・均等なカバー力を実現します。ブラシは毛の密度が高いほどより多くのファンデーションを含むことが出来ます。また、しっかりしたカバー力をお求めなら毛先の形は断然フラット、中でも ジェーン アイルデールのファンデーションブラシ 1はおすすめです。ファンデーションは重ねてもキレイな ナーズのシアーグロウファンデーション 2エスティ ローダーのダブルウェア ステイインプレイス SPF10 3をお使いいただくとより効果的。ファンデーションをはじめに手の甲にとってからブラシを下向きの方向に動かしてお肌に伸ばすとなめらかに仕上がります。

もっと見る


Makeup brush - complexion


Makeup brush - eyes

アイ

プロのアイメイクは難しそうに見えてコツさえつかめば実は簡単です。まずは目元専用ベースでまぶたをマットに整えます、使用するのは 毛先が平らなワイドブラシ ローラ メルシエの オールオーバー アイカラーブラシ 1ローラ メルシエのアイカラー(セサミ) 2 がおすすめです。次は バイテリーのアングルド アイライナーブラシ 3ヤングブラッドのインクレディブル ウェア ジェルライナー 4 でアイラインを。仕上げは締め色の ベッカのアイカラーパウダー(Lame) 5 を小さめの丸型ブラシ ヤングブラッド クリーズブラシ 6 で入れれば目元がぐっと引き立ちます。最後に全体をぼかしてなじませると、より自然で長持ちします。

もっと見る




チーク

チークブラシは是非こだわりたいツールの一つ。ふんわり肌触りが良く初心者でも使いやすいブラシは沢山ありますが、中でも特におすすめは ラウンド型なら プリスクリプティブのチークブラシ 1 、斜めカットなら ナーズの N21 コントゥアー ブラシ 2です。 ラウンド型はハイライターにも適しています。(ナーズの ハイライティングブラッシュパウダー (Satellite Of Love) 3 は上品でゴージャスな輝きをもたらします。)対して 斜めカットはブロンザーなどシェーディングカラーに使うと効果的です。2つのブラシで3通りの使い道! チークカラーは2色セットの バイテリー テリーブリー デンシリス ブラッシュ コントアリング デュオパウダー 4があれば完璧です。

もっと見る


Makeup brush - cheeks


Makeup brush - lips

リップ

パーフェクトな赤リップはいつの時代も憧れの的。にじみや口角の色落ちを防ぐにはリップラインをきちんと形どることが大切です。なのでリップメイクの初めはクレヨンタイプのリップカラー シャンテカイユのリップディファイナー (Vibrant) 1 もしくは ジェーン アイルデールのリップブラシ 2を使って唇のアウトラインをつくることを忘れずに。次に、ドラマティックな発色の リップスティック クイーン シルバースクリーン リップスティック (Have Paris) 3 でラインの中を塗ります。仕上がりを格段にアップするコツは、唇の中央上と下部分の際にコンシーラーを塗ることでリップがさらに立体的になり顔立ちが引き立ちます。ケヴィン オークインのコンシーラーブラシ 4なら塗りたい部分に正確にコンシーラーが塗れるのでグラマラスリップも簡単です!

もっと見る




仕上げ

メークの仕上げは仕上げ用パウダーがマストです。使うのは大き目のカブキブラシ。 ベアミネラルのカブキブラシ 1はルースパウダーを均等にお肌に広げてパーフェクト肌を実現します。合わせるパウダーは持ちが良く透明感のあるダーマブレンドのルースセッティングパウダー 2や理想のツヤ感をもたらす ジョルジオ アルマーニのマイクロ フィル ルースパウダー 3 がオススメです。カブキブラシはプロ級の仕上がりを実現するマストアイテム、パウダーをブラシにたっぷり含ませたら余分な粉を軽くはたいてからお肌になじませてください。

もっと見る


Makeup brush - finishing touches



トップに戻る